お気に入りのジャズを聴いて昔を思い出す

結婚する前は、都会に住んでいたこともあってよくジャズを聞きに行っていました。
私はジャズが特別詳しい訳ではないのですが、聞いているとその日一日をすっかり忘れて音楽に浸ることができて、リフレッシュできるので好きなのです。

そう言えば、某有名サックス演奏者のステージも見に行きました。
今では懐かしい思い出です。
結婚して都会から離れた所に住むようになってからは、そう言うチャンスもすっかりと御無沙汰。
そんな生活にいつの間にか慣れていました。
ところが、とある場所で私の好きな曲がかかりふと昔を思い出しました。
10年以上も昔のことを、鮮明に思い出したのです。
私はお気に入りの白いコートを持っていました。
当時は、白いコートが流行っていた。
それを着て、デートしていた時のことを思い出しました。
どうしてそんなことを思い出したのか分かりませんが、何だか胸がいっぱいになりました。
音楽って、勇気をくれたり元気をくれたりするのですが時々残酷だったりします。
ずっと忘れていたようなことを思い出させることもあるからです。
脳は、想像以上に色んなことを覚えているものなのかもしれませんね。
ふとした瞬間に、記憶のトビラが開いてしまうのでしょうか。
田舎は田舎で良いところなのですが、やっぱり都会の生活をもう一度してみたくなることもあります。
カエルの鳴き声が聞こえないような、そんな土地に暮らしたい。
時々で良いから、じっくりと音楽を聴くことができる場所に住みたいなと正直少しだけ思いました。
もちろん、主人には内緒の話です。

«
»