いつの日かこんなことがありました。
見たい映画があって映画館に行きました。
ネットで予約までして見に行ったのですが、そこで問題が……。
映画館のあの空間、眠たくなりませんか。
真っ暗で、静かで、それに座り心地のいい椅子。まるで、寝るための施設のようです。
目当ての映画はそこそこ面白かったのですが、睡魔の方が強かったみたいで、いつの間にか闇の中へ……。
気が付けば、もう上映は終わっていました。
予約までしてお金を払って、結局一時間ほどの睡眠をしただけでした。
その時の後悔を胸に、最近リベンジ戦に挑んできました!
絶対に、絶対に眠ってしまわないように、と、カフェイン配合のドリンク剤を二本買って行きました。
映画館に入る前、チケットを手に、一気にカフェイン入りドリンクを飲み干しました。
上映が開始して三十分。
大成功です。全く眠くならない。
今日は睡魔に打ち勝った、と満足げに映画を堪能していたのです。
しかし、睡魔とは別のものに襲われました。
そうです、カフェインの摂りすぎで、尿意に襲われました。
でも、数分のトイレタイムなど、寝てしまうよりよっぽどマシだと思い、ささっとトイレへ向かいました。
そこで用を足し、すぐに戻るのですが、これまたすぐにトイレに行きたくなります。
結局、映画の大事なシーンが飛び飛びでしか記憶に残らないという、寝てしまうよりもヤキモキする展開となりました。
映画は、レンタルショップでDVDを借りてきて、家で見るのが僕にとっては一番ですね。