憧れのクイズ番組

世の中にクイズ番組はたくさんあるが、特に高校生が参加するチーム戦で行われるクイズ番組が私は一番好きだ。
最近は芸能人のみが出るクイズ番組が多いなか、その番組は素人である高校生のための番組である。
そして、ただの高校生でありながら、そのレベルの高さに驚きを隠しえない。

実は私も高校生の頃、その番組に参加したいと思ったことがあった。
同じ年頃の子たちがクイズで闘う様はとても格好よく見えたし、テレビに出られるということ、そして賞金がとても魅力的だった。
結局、行動力のない私は応募することもなく、1度も参加しなかったが、もし参加していたとしても予選敗退していたに違いない。

私の頭脳はそれほど優れてはいない。
むろん、予選を勝ち抜いた頭脳集団には太刀打ちもできないだろう。

どうやったらあんなに優れた頭脳に育つのか。
知人に某国立大学出身の人がいるが、昔から頭が良かったらしい。
そして色々な物に興味があり、多くの本を読んでいたという。
飽くなき探求心、向上心が色々なことに挑戦させ、様々な知識を吸収させ、あのような優れた頭脳になるのだろうか。

できることならば、私はもう1度小学生からやり直してみたい。
頭の良さは生まれ持ったものもあるのかもしれない。
しかし、もう1度やり直して、当時熱心にしていなかった勉強や、好みのものしか読んでいなかった読書に打ち込んでみれば、今とは少しでも違っていたかもしれない。

クイズ番組に出られるような頭脳を持ちたい。
高校を卒業してからもう10年近くたつが、今でもそのクイズ番組はチェックするし、そこに出場している頭脳集団には素直にすごいと感じるのだ。

«
»