理系の人にあこがれます

理系の人ってすごく憧れます。

私はやっかいな数字の羅列をみると
卒倒してしまいそうになるモロな文系なので。

計算をばばーっとできたり、
理論的に物事を考えられたりする人って
尊敬のまなざしで見つめてしまうのです。

理系の人と仕事をすると、
もうほんとに脳味噌のつくりが違うんだな―と
なかば投げやりな気持ちになってしまうことも…。

なのでイライラされることもあるんですが
うまーくかわしてやりすごしています。

データを管理する表を作りたい時、
こういう感じの表があればなーという構想は浮かぶのですが、
それをどうに現実のものにすればいいのかがさっぱりわかりません。

数式とか全然覚えられないし…

しかもあれって、ちょっとなにか間違うだけで
全部が機能しなくなったりしますよね。

で、その原因が全然わからなくて
もう!キーッ!てなっちゃいます。

会社にすごくそういうのが得意な子がいるので
そういう時は大体その子に応援を頼みます。

すると、カチカチカチカチ
いろんな数式をささっと入れたりして
あっという間に問題解決してしまうのです!

真似したくても真似できない…!

幸い、私自身そういう作業はたまにしかやらないので
困ったらその子にちょっと手を加えてもらうことで
解決してしまいます。

だから苦手なままなんでしょうけど…
まぁ人には得手不得手ってものがあるし!
と言い訳をしたり(笑)

できるようになりたいなと思いつつ、
本当に頭に入らないというか沁みつかないというか。

たとえば封書づくりみたいな単純作業とか
アイディアを練ったり企画立てたりする系は好きなのですが。

でも、企画系もやっぱり細部までこまかく考えるのが苦手で
何かしら穴ができたりするのを
やっぱり理系の人にチェックしてもらって
埋めてもらったりします。

単純作業は、どうしたらこの作業が早く終わるのか
色々考えながら試しながらするのが楽しいです。

自分で言うのもなんですが結構こういう作業は早いですよ!
大量の封書を一人で超特急でさばいて、
もう終わったの!?と驚かれたりもします。

まぁ私にも得意なものはあるんだよという話でしたが…。

うーん、でもでも理系に憧れるのです。
スパっと計算したり超複雑な計算式を使った管理表つくったり
してみたい!

チタンピアスの安全性
アレルギー研究の最新情報が掲載されている専門誌にピュアチタンピアスが紹介されています
www.nadeshiko-st.com/
専門誌にピュアチタンピアスが紹介
関連:www.ekalliance.org

»